pm2.5とは!?原因・症状・予防方法をわかりやすく解説!

今回は、昨年から日本中を騒がせている

pm2.5についての紹介記事です。

今回の記事は

  • pm2.5ってそもそも何?
  • pm2.5の原因は?
  • pm2.5の症状は?
  • pm2.5の予防方法は?

について書きます。

 

pm2.5ってそもそも何?

粒子状物質のことです。

photo4-2

粒子状物質というのは微粒子のことです。

 

微粒子はμm(マイクロメートル)単位で区別されます。

 

大きさが10μm程度の微粒子はpm10と呼ぶし

大きさが2.5μm程度の微粒子はpm2.5と呼ぶ

ということですね。

※1μmは1ミリメートルの1000分の1です

 

figpm25

髪の毛の太さが0.05ミリメートル~0.1ミリメートルなので

pm2.5mの直径は髪の毛の20分の1~40分の1になります。

 

pm2.5のpmというのも

粒子状物質を英語にしたparticulate matterの略です。

 

yjimage (10)

つまり、pm2.5という名前の意味するところは

「2.5μm程度の微粒子です」

ってゆう、それだけの意味になりますね。

 

では、pm2.5は具体的にどんな物質が含まれるのでしょう?

人体に有害そうなのは容易に想像がつきますね。

 

word01

実際、pm2.5は様々な物質を含んでおり、主な成分は

炭素、硝酸塩、硫酸塩、金属などです。

 

人体にとって有害な物質が微粒子になり

呼吸によって体内に取り込まれ

頭痛やめまい、発熱などの症状を引き起こしているわけです。

 

z_image

昔で言う公害です。

というより

自動車の排気ガスや工場の廃棄物にもpm2.5が含まれ

実際に日本でもpm2.5が公害として規制されたことがあります。

 

そう考えると怖いですね。

排気ガスのような汚い空気に含まれる物質が

普通に風に運ばれ飛んでくるほど

地球の空気が汚れているということですから。

 

あなたには地球の悲鳴が聞こえますか?

 

pm2.5の原因は?

日本人がpm2.5の影響を受ける原因

中国で発生したpm2.5が偏西風で日本に運ばれるためです。

 

もう突っ込んで考えてみましょう。

偏西風は昔からあります。

なぜ、最近になって日本人がpm2.5の影響を受けるようになったのか?

 

それは、中国の環境が変化したからです。

具体的にはどんな変化でしょうか?

 

・急激に自動車が増えた

・大気汚染を抑制する設備投資をしないまま、工場で安い石炭を使っている

この2つが指摘されてます。

 

pm2.5の症状は?

頭痛、めまい、発熱、目の痛み、目のかゆみ、鼻づまり、くしゃみ

のどの痛み、せき、気管支の炎症、だるさ、気持ち悪さ

こういったものが主な症状です。

 

免疫機能は、人体に有害な物質を吸い込まれると

それらを排除しようとしてせきやくしゃみを起こすます。

そして、こういった症状が起こる原因になります。

 

花粉症もちの人は花粉症も悪化させるそうです。

症状自体、花粉症と似てますもんね。

 

また、過度に吸い込むと

ぜんそくや肺がん、呼吸困難に陥る可能性もあります。

 

pm2.5の予防方法は?

「とにかく吸い込まない」

これに尽きます。

 

pm2.5は花粉症のように

薬などで対策するのは難しいと言われてます。

 

粒子も花粉より小さく、完全に人体に有毒という点で

花粉よりも厄介ですね。

では、吸い込まないための具体的な方法はどんなものがあるでしょうか?

 

・マスクを付ける

・外出を避ける

・うがい、手洗いを徹底する

・換気扇を付けない

・帰宅時家に入る前にpm2.5を振り払う

 

主な対策としてはこういったものがあります。

マスク、外出を減らすのは

吸い込む量、機会を極力減らすためですね。

 

また、せっかく外で吸い込まないようにしても

家にpm2.5を持ち帰り吸ってしまっては意味がないので

なるべく家の中にpm2.5を入れないようにしましょう。

 

当然ですが、マスクpm2.5対応のものを利用してください。

近くに売ってなければ楽天などから購入可能です。

 

pm2.5は花粉より粒子が小さいので

衣服からpm2.5を振り払うときは

そっと揺する程度で大丈夫です。

 

おわりに

pm2.5って名前自体普及してなかったですが

前から普通に大気中に存在する物質だったということですね。

 

薬による対策などはできないが

結構色んな対処法があるものです。

 

でも実はここで紹介していないpm2.5対策があるんです。

なんだと思います?

 

実は、生活面で最重要な対策は洗濯だと言われてます。

これについては次の記事でご紹介します!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ